トップページ > プラチナゲルマローラーの使用法

基本的な使い方

プラチナゲルマローラーは、全体をプラチナでコーティングしてあります。

プラチナには優れた抗酸化作用があり、老化を抑止する作用があります。また、ローラー部分に施されているもうひとつの成分・ゲルマニウムは、科学的には美容効果のメカニズムが実証されていないものの、独自の電子的なパワーが弾力をアップさせて若返ったという利用者の声が多く寄せられています。

基本的な使い方は、タッピング、クーラント、ブレーキ回転の3種類があります。

タッピングは、六角形のローラーを転がすことです。六角形のそれぞれの面で肌を優しく叩くことができます。1分間に300回のタッピングを施すことで、エステティシャンのハンドマッサージと同じ効果が得られます。(1分間に300回ということは、1分間に50回転させればよいということですね。)

また、クーラント回転とは、ローラー部分のひんやりした感触でお肌をキュッと引き締めることです。お風呂上りのほてった顔に施すことで、引き締め効果が望めます。

次にブレーキ回転とは、顔の下部から上部に向けて引き上げるように使用することです。たるんだ肌をリフティングしてくれるというものです。

プラチナゲルマローラーは、タッピングで表情筋をトレーニングし、クーラントでお肌をクールダウンさせ、ブレーキ回転でたるんだフェイスラインのリフティングを行います。

関連記事