トップページ > Tゾーン・あご先の小顔メイク

立体的なメイクを心がける

日本人は欧米人に比べると平面的です。Tゾーンとあご先に肌色よりちょっと明るめのコンシーラーでハイライトを入れると、鼻筋の通った小顔に見えます。

具体的にどのあたりに塗るかというと、眉間を通った左右の眉山にかけてと、眉間から鼻筋の中央までです。眉山(左右)、眉間、鼻筋の4箇所に、ちょんちょんちょんと置いて、指の腹できれいに伸ばしてください。

このときに気をつけていただきたいのが、額全体に伸ばさないで左右の眉山間にとどめることと、鼻のサイドにはコンシーラーを塗らないことです。

立体的に見せるためには、ハイライトをぼかす部分とはっきりさせる部分を意識して塗るようにしてください。鼻先が通った印象にしたい場合は、ぼかさないようにして目立たせてください。

あご先を触ってみて少し盛り上がっている部分、ここにもコンシーラーを塗りましょう。ちょこんと置いたら、同じく指の腹できれいに伸ばします。ハイライトを入れることによって、たるみや二重あごを目立たなくし、フェイスラインをリフトアップしてくれる効果も。

Tゾーンからあご先にかけてコンシーラーを施すだけで、鼻筋の通ったすっきりとした印象に。普段使っているファンデーションよりワンランク明るい色を選びましょう。

関連記事