トップページ > 小顔に見せるためのファンデーション選び

違和感なく立体的に仕上げるテクを紹介

実に様々な種類があるファンデーションですが、中でも日本人の肌色に向いているのは、オークルベース、イエローベース、ピンクベースです。

肌に合わないものは見た目の違和感だけではなく、膨張して見えてしまう場合も。カラーが明るすぎてしまうと、立体感を出すハイライトメークの効果も半減してしまうので注意が必要です。

化粧品売り場のテスターで試してみてもよいですが、1番お勧めなのはデパートなどの化粧品売り場のカウンターで自分に合う色味を調べてもらうことです。

顔や首のバランスなどから客観的な視点で考慮して、最適のカラーを選出してくれるでしょう。ご自身では選ぶことのない色が、じつはご自身に1番に合っている可能性もあるのでプロに任せてしまうのも1つの手です。

チークやコンシーラーなどの化粧品で演出するためには、メイクの基盤となるファンデーションが重要な役目を担います。ご自身の肌色に合ったものと、ワントーン暗めのものの、2つを持ちましょう。

中心付近、鼻筋、額、あご、などの部分はご自身に合ったファンデーションを使い、眉山よりも外側、額の生え際、などの輪郭に近いサイド部分にはワントーン暗めのもので仕上げましょう。

関連記事