トップページ > チークを活用した小顔メイク

少しの工夫で印象を大きく変えるテクニック

ピンクやオレンジなどの明るめの色を頬にさして健康的な顔色に見える役割のイメージがですが、チークで演出できるということは、意外と知られていません。ベージュや薄いブラウンなどを使用して影を入れ、小顔に見せるテクニックをシェイディングとよびます。

ここでは、ピンクやオレンジなどの彩り系と、ベージュや薄いブラウンなどのシェイディング系の両方を組み合わせたメイク法をご紹介いたします。

基本は、頬の1番出ているところに彩りを与え、頬横の余分なお肉には影を作ることです。これだけで随分と立体的になります。

次に、顔型別のチーク術を見ていきましょう。

丸顔の方:
彩りとシェイディングをくっつけるようにして、下あごの付け根から頬にかけてさっと塗りましょう。この時、影色になる方が下にくるようにしてください。
面長の方:
やや広範囲に彩りを与え、シャドーは額の生え際にさしてください。
下膨れの方:
彩りは頬骨のある割と高めの位置に長く、頬からあごに向かって影を作るようにしましょう。
逆三角形の方:
明るいカラーだけを頬骨の下に柔らかくさしてください。逆三角形の方が、頬に影を作ってしまうと、こけた印象を与えてしまうことがあります。

関連記事