トップページ > 生理前のむくみを解消

ツボの刺激と効果的なスキンケアを実践

大きくなる原因に「生理前のむくみ」があります。ぱんぱんになるばかりか、冷え性の症状や肩凝りがひどくなる人も。女性ホルモンの一種である黄体ホルモンの分泌が活発になると体内に水分をため込みやすくなることが原因です。これらは、始まる大体1週間ほど前から出始めるようです。

なんとなく「むくみ始めてきたな」と感じたら、ツボを重点的に狙ったマッサージを始めましょう。凝り固まった表情筋をほぐしてあげることでリンパや血行の流れが改善し、滞留していた老廃物や余分な水分が流れ出るように。生理中も続けるようにすれば、なにもしない場合に比べてずっとむくみがなくあるハズです。

髪の毛の生え際はリフトアップ、耳下からエラにかけては老化やたるみ、首筋から耳下にかけては老廃物排出に良いツボとされています。

また、黄体ホルモンには皮脂の分泌を高める効果も。過剰に分泌された皮脂は毛穴に詰まりやすく、ニキビや吹き出物の原因です。(とはいえ、乾燥肌の方には非常にありがたい症状ですね。)耳下からエラにかけてのツボ、首筋から耳下にかけてのツボ、あごまわりを丁寧にマッサージすることで、肌トラブルを回避します。生理前には洗顔などの素肌ケアもいつもより丁寧にしてあげるようにしてください。

女性として生まれてきた以上、これらの生理現象に屈することなく、上手に付き合っていく方法を考えていきましょう。

関連記事