トップページ > 凝りの原因と解消法

乳酸菌が溜まると脂肪がつきやすくなる

余分なお肉がついているわけではないのにぽってりと大きく見えてしまう。それは顔の「凝り」が原因かもしれません。

これはとても実感しづらいので、ご自身で気づいていない方も多いよう。今までなかったのに額のシワが急にできた方、目の疲労や視力低下を感じる、目がパッチリしない、クマが目立つ、頬まわりに疲れを感じるといった症状は、要注意です。

身体の疲労や骨格のゆがみを放置していると、ゆがみが生じます。ストレスなどで筋肉が凝り固まってしまう場合も。

残りの原因は様々で一概には「コレ」といえませんが、凝りを放置しておくと確実に大きくなります。表情筋に乳酸菌がたまりやすくなり、老廃物がたまり、水分代謝が悪くなる。その結果、脂肪がつきやすい状態に陥ってしまうのです。

凝りを解消するには…

(1)姿勢の悪さや癖を見直しましょう
机にひじをつく癖、足を組む癖、立っているときの足の重心の偏りなどをなくしてください。
(2)ストレスをためないようにしましょう
不満を感じている精神状態にあると気づかないうちに表情もこわばってしまいます。なるべく嫌なことはその日のうちに解消するのが理想的です。
(3)筋肉をまんべんなく動かしましょう
普通に生活していて1日で全ての表情筋を使うのはとても難しいです。トイレやお風呂に入った時に、口を尖らせて見たり、変顔をしてみたりするなど、いろいろ工夫をして鍛えてください。

関連記事