トップページ > 固太りの原因と解決策

表情筋を積極的に動かして柔らかくする

大きく見えてしまう原因が「固太り」の場合は、硬くなってしまった表情筋を柔らかくしましょう。

この原因は、主に歯の噛みしめ、くいしばり、歯ぎしりなど、力を入れて噛みあわせることなどによって引き起こされます。これらは癖になってしまうと顎関節症をも引き起こしてしまうので十分注意してください。また、逆に表情の変化に乏しく、使わな過ぎても硬くなり固太りへと繋がっていきます。

日常生活で過度のストレスを感じていると、こわばって表情筋が硬直してしまうことも。これをほぐすためのマッサージや、自分なりのリラックス法を実行していきましょう。ストレスを溜め込まないようにして、スグに解消できることが理想的ですね。

マッサージは即時性はないものの、継続して行うことで表情筋が鍛えられ、小顔になりやすい環境を作り出してくれるものです。3週間ほど、朝夕2回ぐらい行うとかなり効果的。3週間後に実感できれば、楽しみながら継続して続けることができます。

一般的に、筋肉は使わないでいると下方へさがり(たるみ)、硬くなっていくものです。使わないとどんどん垂れ下がってしまい、そのまま固定されてしまいます。

お酢には筋肉を柔らかくする作用があることをご存知でしたか?また、ビタミンEを多く含む落花生や大豆などは、たるみなどの原因になる活性酸素を抑制する作用が期待出来るので、トレーニングだけではなく、食事の面からも固太りを防げます。

関連記事